かいじゅうたち。

  1. 2010/01/29(金) 20:57:39|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
先日、久々に家族揃って札幌へ。

どこへ行ってもセールをしているのに、
久しぶりすぎる札幌買い物ツアーだったため
序盤若干戸惑い気味でただただウロウロ。

「映画でも見に行く??」との父の一声に、
じゃ、とりあえず映画館まで行ってみるかと
ステラプレイスの上階へ。

スケジュールをざーっと見たところ、
ちょうどよく観られそうな映画がなかったため
引き返そうとしたその時。

「なにこれー!!」
と走って消えた母。

見回してみると、こんな所に。


昨年夏に洞爺湖温泉のサミット記念館に行って以来、
顔ハメ形式の写真パネルを見ると、
どうしても顔を突っ込みたくなるらしい。


母、大満足。

それを見た父が、
「お父さんもやる!!」

この日一番の笑顔。

映画「かいじゅうたちのいるところ」の特大パネルを前に
夫婦で大はしゃぎしてました。
札幌に行って、この瞬間が一番楽しそうでした。

しあわせだなぁ。

ここでスイッチが入ったのか、エンジンがかかったのか、
この後あちこちのお店のセールをひとしきり楽しみ、
夜は十年以上ぶりで行った「四川飯店」で夕食。

幸せな札幌ツアーでございました。

さてさて。
めむはうすでも今日から冬物衣料一掃セール(ファイナル)がスタート!


な、な、なんと!

最大70%OFF!!


2月21日まで!
最終セールなので売り切れ御免です。

御来店お待ちいたしております!!

****************************************
↓雑貨屋ランキングに登録してます!↓
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村
↑クリックして投票お願いします!!↑
****************************************

ラブレター。〜その2〜

  1. 2010/01/25(月) 20:19:56|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
ケータイ&インターネットが普及して
なかなか手紙など書かなくなってしまった昨今。

愛の告白や感謝の気持ち、
なんでもメールになっちゃってたりしませんか?

携帯電話やパソコンのメールは
確かに手軽だし、すぐに相手に届きます。
返信も簡単。

ただ、熱い想いであればこそ、
どんなにへたくそな字だろうと、
どんなに文章力が無かろうと、
手書きの手紙に勝るものなしと
私は思うのです。


昨日本棚を整理していてこんな本を見つけました。


『夫から妻へ、妻から夫へ
60歳のラブレター<8>』
NHK出版

何気なしに読んでみると、
そこには長年苦楽を共にした夫婦の様々な愛の形が
それぞれハガキ1枚分の「手紙」として
ぎっしり詰まっていました。

思わず泣いてしまったのがこの手紙。

****************************

 君にいいそびれていることがあるんだ。

二人で六畳一間の生活を始めたころ、もう四十年も前だなあ。
会社の悪友に帰り際、新婚は早く帰れ、と冷やかされ、
意地を張って、何いってんだ、と、やせ我慢して一杯付き合っていた頃だ。
ある朝、今日は早く帰るよ、といって出かけたものの、
会社を出るころにはすっかり忘れ、またもや午前様。

 で、部屋に帰ると、君は布団にもぐってた。
目尻に涙の跡があったっけ。いつもは起きて待っているのに
どうしたんだ、と少し怒っていった。
そうしたら君は、ポソっと「今まで、ずっと駅で待ってたのよ」
といって背を向けた。

 あっ、そうだ、しまった!と思ったけど、口から出たのは
「バカ、会社に行けばいろいろある、何ふくれてるんだ!」
とやってしまった。素直に謝れない、男の何かが邪魔したんだ。
僕も青かったなあ。

今でもふとそのことを想いだし、君が、西武線の駅で、
電車から次から次へ吐き出されてくる人たちの中から、
たったひとり、この俺をずっと探していたのか、
と思うと胸がツンとなって、
ああ、あのとき、ぎゅっと抱きしめてあげればよかったのに、
と、きまって切なくなるんだ。

こんなこともう覚えてないだろうけどね。
でもいつかそのことを謝ろうと思っていたんだよ。

 ごめんね、千恵子。


宮川 紀之 (みやかわ のりゆき)さん [千葉県 67歳]

****************************

なんて切ないラブレター。

胸が締めつけられました。

こんなラブレターもあるのかと。


かつて(おそらく昨年まで)、日本語文章能力検定協会が
「心に響く三行ラブレター」のコンテストをしていたのを
ふと思い出して、インターネットで調べてみたら、
こんな可愛らしいラブレターもありました。

****************************

せんせいぼくは、せんせいにあいたいよ。
どうしてようちえんやめちゃったの。
年がじょうをよんだらなみだがポロポロ出てきたよ。

(「第4回心に響く三行ラブレター」より 7才/男性/小学生)
****************************

おそらく初恋だったんでしょうね。
きっと本人には耐え難い失恋だったのかもしれないけれど、
何とも微笑ましいラブレターです。

そしてこちらは娘からお父さんへのラブレター。

****************************

「まだ彼氏と続いてるのか?」と探る父。
「まだ続いているのか。。。」と落ち込む父。
お父さん、そろそろ心の準備をお願いします。

(「第11回心に響く三行ラブレター」より 最優秀作品)
****************************

あなたなら、どんなラブレターを書きますか?
もうすぐバレンタインデー。
普段言えない気持ちを
カードや便箋にしたためてみませんか?



ラブレター。〜その1〜

  1. 2010/01/25(月) 19:34:20|
  2. オススメ商品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
バレンタインデー向けの

ステキなグリーティングカードが
入荷してきました!

イギリス発「blush publishing」のカードが
今回初お目見え!

「blush publishing」のカードは
アンティーク活版機で制作される上質の
ハンドメイドグリーティングカード。

*レタープレス(活版印刷)とは*
15世紀半ばにグーデンベルグによって発明された印刷技術で、
色と形と繊細なくぼみを紙面に表現できる
他の方法では得られない感触を伴う印刷技術。
案内状、ディプロマなど少数でも高い精度が必要な分野や
限定本の詩集などの世界で活版印刷はまだ活用されています。


『Guess Who? (だーれだ?)』
税込525yen。


『I Love U!』
税込525yen。



『Heart』
税込525yen。




上質な紙と活版印刷の美しさが、
あなたの気持ちをしたためたラブレターを
より一層気持ちがこもったものに仕上げてくれそうです。

無念!

  1. 2010/01/21(木) 01:03:11|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
車を洗えば雨が降る。

雪かきすれば大雪が。

雪像作ればすぐ溶ける。

とかくこの世は




無情ナリ。

1月20日、暦の上では「大寒」。

そのくせ本日の最高気温、12℃。
プラス12℃。

そりゃないぜ。


昨日のこれが、



この有様です。

ああ無情。

恐らくまだどか雪がくるはずなので、
またリベンジします。

白い小塔。

  1. 2010/01/20(水) 00:22:13|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
日が暮れてから手が空いたので、
店の前の舗道上にあるチョモランマ並みの雪山を崩そうと
スコップ片手に表へ出てふと思った。

「これ、どうせ溶けるんだから、
なんならキャンドル入れてみたほうが
面白いんじゃない??」

てなわけで、キャンドルタワー作りに変更。

一人、スコップでガシガシと雪山をくり抜き始め、
約20分経過。
突然誰かに肩をつつかれる。

振り返るとそこには

我らが棟梁!!
「ん〜。なんだかな〜。」

どうやらキャンドルに火を灯す前に
棟梁の創作意欲に火がついてしまったようで。

たまたま通りがかっただけなのに、

巻き添え。

おっと!

削った雪の固まりをタワーのてっぺんに!
さすが棟梁、雪すらムダにしないんですね!!


削ったり積み上げたりしたタワーを
棟梁が小さいシャベル&手でなめらかに仕上げつつ、
私は余分な雪をせっせと片づける。


試しにキャンドルを灯してみたところを
たまたま目撃し足を止めてしまったお客さんも、


巻き添え。

で、

完成!!


「白い小塔」。



てっぺんのなめらかさが芸術的!



キャンドルの灯りも暖かいですね〜。



溶けるまでこのままにしておきます。
見に来てね。


今回使用したキャンドルは、
ローソクと言えばカメヤマ、カメヤマと言えばローソクでおなじみ、
カメヤマキャンドルの

アルミカップ入りティーライトキャンドル。
左『ティーライトティン30個入り』税込473円。
右『ティーライトティン50個入り』税込683円。

ですが。
ロウが溶けて熱くなり、アルミカップごと雪の中にどんどん
沈んでいってしまうことが判明。
ロウを置くところに板か何かを敷いたほうがいいかも。

イベント用キャンドルにはコチラもオススメ。
こちらもカメヤマさんの

「6hライトキャンドル」一個税込42円。
約6時間燃焼、日本製!
キャンドルイベントにはこちらの方が需要があるようです。
300個以上の大量注文の場合、お値段はご相談に乗りますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ♪







次のページ